医療お役立ちコラム

市販薬は飲み合わせに注意

2018/10/01

風邪を引いた、咳が止まらない、頭が痛い――。病院やクリニックに行くほどではないけれど、症状を抑えたいというとき、薬局やドラッグストアで市販薬を買う方も多いと思います。 そのときに注意してほしいのが、薬の飲み合わせです。良かれと思って飲んだ薬が、効きすぎてしまったり副作用が強まったりして、かえっ...

この記事をもっと見る

「薬だけください」は可能?

2018/09/01

薬をもらうときというのは、当然ですが、体調の悪いときです。 医師の診察を受けた後、薬局に行って薬をもらうことが大変な場合もあるでしょう。 その場合、「薬局で処方せんを出して薬を受け取る」ということは、家族など代理人の方でも可能です。 ただし、薬を受け取るには処方せんが必須です。 そして、処方せんは...

この記事をもっと見る

薬ができるまで

2018/08/01

「くすり」を逆から読むと「リスク」で、薬にはリスクがつきもの……とよく言われます。 ただし、そのリスクをなるべく減らし、安全に服用してもらえるよう、薬ができるまでにはいくつもの“試練”を経ています。 ひとつの薬ができるまでには、実に10年以上もの年月がかかります。 まず、“薬のもととなる物質”を探...

この記事をもっと見る

歯磨き粉はコンビニで買えても、目薬は買えない

2018/07/01

歯磨き粉も目薬も、毎日の生活で使うものです。 ただ、歯磨き粉はコンビニで買うことができますが、目薬はコンビニでは買えません(薬局併設のコンビニには売っています)。 その差は何でしょうか? それは、医薬品かどうか、です。 一般的に、歯磨き粉のパッケージには「医薬部外品」と書かれていますが、目薬...

この記事をもっと見る

薬局で支払う「薬学管理料」ってなに?

2018/06/01

薬局で薬を受け取るときにもらう「調剤明細書」や「領収証」、ちゃんと見たことはありますか? 調剤報酬(薬局で支払うお金)は、主に 調剤技術料薬学管理料薬剤料 という項目にわかれています。 1つめの「調剤技術料」とは、処方せんに基づいて調剤を行うことに対する「基本料」と「調剤...

この記事をもっと見る

ジェネリック医薬品は安いだけ?

2018/05/01

「ジェネリック医薬品」という言葉は、すっかり浸透していると思います。 先発医薬品と同じ有効成分を使い、品質、効き目、安全性が同等であることを厚生労働省が認めた薬(後発医薬品)のことです。 新薬の開発には、大きな費用と年月がかかります。 そのため、開発した製薬会社は、特許を出願し、基本的に20年間(...

この記事をもっと見る

風邪薬はない?

2018/04/01

今回は、風邪に対する薬の話です。 「風邪の特効薬ができたら、ノーベル賞ものの大発見」と言われています。 「あれ?」と、不思議に思ったでしょうか。 風邪を引いて病院やクリニックにかかったら、大抵の場合、薬を処方されますよね。 「あれらの薬は効かないの?」と思ったかもしれません。 風邪のときに...

この記事をもっと見る

かかりつけ薬局とは?

2018/03/01

突然ですが、「かかりつけ薬局」はありますか? そもそも「かかりつけ薬局」という言葉自体、馴染みがないかもしれません。 でも、「かかりつけ医」という言葉は聞いたことがありますよね。 かかりつけ医とは、病気になったときにまず相談する医師のこと。 日頃の健康管理のために、気軽になんでも相談でき、必要であ...

この記事をもっと見る

薬のきほん④薬にも“期限”があります

2018/02/01

前に風邪を引いて医療機関を受診した時にもらった薬が余っていたような……。 そう考えて、昔の薬を引っ張り出してくるなんてこと、ありませんか? 処方薬は、医師が診察をして、そのときの患者さんの状態にあった薬を必要な分、処方するわけですから、残っているからといって自己判断で使うことのないようにしてくださ...

この記事をもっと見る

国内初! 便秘のガイドライン

2018/01/01

「ここ数日出ていない」「最近便秘がち」……など、便秘に悩んでいる人は多いと思います。 平成28年の国民生活基礎調査(厚生労働省)によると、人口千人あたり男性で24.5人、女性では45.7人が便秘に悩んでいるそうです。 自分は「便秘だ」と思っていても、実際には気にしすぎで便秘とは言えない……ということ...

この記事をもっと見る